夫婦

マンション経営の真髄に触れよう|老後の心配を吹き飛ばせ

都市圏でのマンション経営

住宅

マンション経営で大事なことは収益物件の確保です。そのためには建設費や購入費の安い物件を探すことです。日本全体は人口が減少していますが、大阪などの都市圏は若者人口が増加しています。坪単価の安いエリアで地価が上昇している大阪のエリアが狙い目です。地元の不動産業者をこまめに歩くと掘り出し物が見つかります。

もっと読む

新しい不動産サービス

スーツの男性

ホテルを取るよりも安い事が多いため、airbnbの需要は高まっています。空き家やマンションを持っていて、airbnbに出したいと考えているけど、忙しくてなかなかできないという方は、施肥この機会に代行業者を使ってみてはいかがでしょうか。

もっと読む

安定収入を得る人気の方法

3人の男性

リタイア後の収入手段

ここ数年ではマンション経営のための借入がしやすくなっていることから、マンション経営を始める人が増えています。マンション経営では、始めに巨額の初期投資が伴う特徴があります。しかし、物件しだいでは初期投資を10年程度で回収することも可能となっています。そのため、仕事をリタイアした人の新たな収入を得る手段として、マンション経営が人気になってきています。マンション経営では、自分で運営管理を行っていくと家賃収入の大部分を受け取ることが可能となります。しかし、自らで運営管理ができない人では、専門の不動産管理会社に運営管理を任せることもできます。運営管理は専門会社に任せると家賃収入の一部は運営管理費となります。しかし、マンションのオーナーは時間を自由に使えるメリットが出てきます。老後の心配を吹き飛ばしましょう。

空室率を下げる条件

マンション経営においての最大のリスクは、空室率が高くなってしまうことが挙げられます。マンションの空室率が高くなると、想定していた家賃収入が得られなくなってしまいます。そのため、マンションを建設する立地は近くに大学があったり、駅があるなどの入居ニーズのある場所を選ぶことが非常に大事です。現在においては、相続税対策としてマンション経営をする場合が増えてきています。また、銀行でもマンション経営のための融資を積極化している動きがあります。その結果として、一つの地域に賃貸マンションが多くある状況が起こっています。一つの地域に賃貸マンションが多くなると、空室率が高くなりがちです。したがって、マンションの建設立地は、周りに賃貸マンションがないことが条件となります。

空き家に入居者を募る

住宅模型と表

住まいの空室対策は大きな課題となりますが、ある程度短期間の契約で貸し出したいのなら、リロケーションが有効になります。不動産収入が入るだけでなく、入居者がいることで住まいの管理もしてもらえるので、空室の時よりも住まいの劣化を防げるのです。

もっと読む