積み木のマンション

マンション経営の真髄に触れよう|老後の心配を吹き飛ばせ

空き家に入居者を募る

住宅模型と表

空室を管理してもらう

自宅以外にも他に住まいがあったとしても、利用の目的が当面ないという場合もあります。住まいが空き家の状態では不用心ですし、建物の劣化の大きな原因となってきます。空き家となった住まいにはなかなか入居者が決まらないと、とても不安になる時期があります。だからといってサブリースのように入居の斡旋から管理までを長期間任せてしまうと、将来の計画に弾力性がなくなります。そこでリロケーションを活用しましょう。リロケーションは、不動産会社と入居者が定期借家契約を結ぶことで、契約が満了すれば住まいが大家のもとに返ってくる仕組みとなっています。リロケーションを活用することで住まいの管理がより容易になるといえるでしょう。

不動産収入も得る

リロケーションは空き家対策としてとても有効です。それは転勤や海外赴任といった一定期間住まいを空にしなくてはならないような場合にも有効になります。空室の期間に不動産会社が入居者を募り、賃料を安定的に入るようにしてくれます。本来なら空室のままで住まいを離れることになり、とても心配なところですが、リロケーションなら入居者が決まることで一定期間安定収入すら手に入れることができます。入居者がいることで住まいの管理も行き届きますし、仕事から戻ってきて再び自分の住まいで暮らすことも可能となります。空室になる期間がかなりあるようなら、リロケーションを活用して住まいを貸し出すようにした方が不動産収入も得ることができていいでしょう。リロケーションを行なっている業者は多数あるため、気になったら無料相談電話や窓口を利用して、どのような業者なのか調べてみるのも良い方法です。